本文へスキップ
株式会社マップス
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目3番地 紅谷ビル4F

TEL:03-5226-0111 FAX:03-5226-0113
Top Staff Work Workshop Saloon de MAPS Say-No What is MAPS Access

MAPS スタッフメッセージ

スタッフコラム



 

このコーナーでは、MAPSスタッフが日々の出来事に対して

コラム&トピックスの形でメッセージを発信していきます。


またコラムでは、2つのテーマに沿って記事を投稿していきます。

1つは「日々の出来事に対する“疑問”や“気づき”」。

もう1つは「“マーケティング”に対する個人の考え」です。
   

  【コラム】バックナンバー 

  【トピックス】バックナンバー 

  
 
♯1 『文章力〜その1〜』


第1回(#1)を始めるにあたって、
私の文書は魅力的ではないことが判明しました。
書いていて悲しくなるのですが、自分でも良いものだと思えないのです。
原因は「文章力の乏しさ」でしょうか。

そもそも“文章力”とは一体なんでしょうか?
魅力的な文章、良い文章とはどのようなものを指すのでしょうか?
執筆において致命的な問題なので、早急にコレを改善しなくてはなりません。
良い文章とは何か探索してみたくなりました。

そこでまず、方法論の書かれている書籍に目を通しました。
どの本にも共通して書かれている主張。
それは「“シンプルに、わかりやすく”を意識せよ」とのこと。
「一文は短く。簡潔な表現を用いる。」
至極、正論のようです。私も一文一文、できる限り短くすることを心掛けて書いています。

次に、ネットに上がっているニュースブログやまとめ記事に触れてみました。
確かにわかりやすい文章は、シンプルで簡潔な表現です。
一方で、既視感も感じました。どこか物足りなさを感じたのです。

そして、プロの方達が書いた文章を読んで気づきました。
決して「シンプルな表現だけがわかりやすさではない」と。
書き手一人ひとりに書きぶりがあり、それがカラーとなっていること。
そしてそのカラーが、文章の魅力であり、魅力ある文書はわかりやすさも兼ね備えていたのです。

シンプルはベターかもしれませんが、決してベストな手段ではないようです。

→次回に続きます。

◎皆様の考える“文章力”とはどのようなものでしょうか?

  
   
 
ページトップ

Copyright @2010 MAPS Co.,Ltd. All Rights Reserved.