本文へスキップ
株式会社マップス
〒102-0083 東京都千代田区麹町4丁目3番地 紅谷ビル4F

TEL:03-5226-0111 FAX:03-5226-0113
Top Staff Work Workshop Saloon de MAPS Say-No What is MAPS Access

What is MAPS

会社概要
プロセス
“MAPS”とは
 代表者
出版案内

清野裕司のこれまでの出版書籍
「究極のCI戦略」
現代経営の一つの課題として、さかんに戦略と言う言葉が用いられます。

そもそも戦略とは、未来に向かって、自分たち(企業や個人)が、これから進んでいくべき方向に対して、間違いのないレールを敷きつめる作業をいうものです。

レールさえしっかりと敷いていれば、あとはそのレールの上を走っていけばよいのですが、レールづくりに失敗してしまうと、日々の業務の積み重ねが、結果としてどのような経営効果を上げるのかがわからなくなってしまいます。経営戦略という言葉の裏には、今一度自分自身を見つめ直し、改めて自からの将来像を描こうとする、企業の意志が働いていると判断することができるでしょう。

市場が多様化、細分化されていく中にあって、企業のマーケティングは、過去の経験や価値観のみを拠り所にするのではなく、今、そして未来にわたっての時代を見通し、新しいマーケティング座標軸を探索する必要に迫られています。

企業経営を見直す、考え直すためのフレームワークが、いくつか紹介されるようになってきました。自分たちの企業の力を判断するための経営資源分析アプローチであり、さまざまな事業や製品の成長可能性を分析するためのポートフォリオ分析であったり、新事業設計のためのモデル化等々、枚挙にいとまがありません。

さらに、より包括的に企業自身を見つめの直し、自己の力によって革新を進めていこうとするアプローチとして、CI(Corporate Identity:コーポレートアイデンティティ)があります。

かつて、CIは、会社のマークやロゴを変更する、見栄えの良いデザイン開発戦略的意味あいをもって、多くの企業に受け入れられた時期がありました。

しかし、今、従来とは異なった視点で、企業の経営自体を見直す枠組みとして注目を集めていることを実感しています。

そこで今回、21世紀に向けての企業とその戦略のあり方を、CIという概念の中で、見つめ直してみようと思います。

                                                「はじめに」より
  清野裕司のこれまでの出版書籍一覧」へ戻る 
 
ページトップ
 
Copyright @2010 MAPS Co.,Ltd. All Rights Reserved.